骨造成モデル

骨折や腫瘍、または骨量の減少などにより、骨が繋がっておらず、
造形不可能な場合でもデータにて分離している骨を接続することにより一体化したモデルを制作することが可能です。

また、下記症状などで骨が完全に欠損している場合でも骨を再現することによって、元通りの位置関係を再現することも可能です。

3D額モデル

bone_2_2015