生体模型について

・歯科用 顎模型

3Dプリント 歯科模型

3Dプリンタ造形は、工業分野において製品企画から基本設計を経てプロトタイプ(試作品)までの過程において、製品開発期間短縮、クリエイティブなモデリング、金型やモックアップに比較して試作品のコストダウンに繋がる目的でデジタル3Dデータの一般化とともに普及してきました。

また、医療分野においては、造形素材が石膏ベースパウダーのため、骨切りに近い感覚で削ったり、インプラント埋入などのテストや骨内部のリアルな表現、着色による血管や器官ごとの色分けなど、術前説明やシュミレーションモデルとして幅広く活用されています。

医療用3D模型制作イメージ

[SWF]http://www.uptrust.net/wp-content/themes/theme263/images/gaku_a.swf, 600, 300[/SWF]


3D造形プリンタによる顎模型の制作

・歯牙と口腔外科領域のCT撮影データを3D造形モデルに再現いたします。

3D造形により、インプラント施術部の骨の状態が理解でき、下顎管の位置と埋入インプラントの距離が具体的に理解できるのでインプラントの長さの選択に役立ち、サイナスリフトを行う際の状況判断が確実になるなど、今まで、わかりにくかった判断基準をより分かり易くする事ができます。

また、切断することも可能なのでOPEのシュミレーションにも活用いただけます。
・患者様へも正しい現実情報としてモデルを用い解りやすく伝えることができます。

アップトラスト 3Dプリンター

顎骨断面分解処理加工(別途費用)

断面処理し、下顎管を着色再現することにより下歯槽神経の走行パターンと歯槽骨の骨密度をより明確に把握でき、
インプラントの最適な埋入位置をシュミレーションすることが可能です。


顎模型 断面

・以下のようなハレーションが出る場合もありますのでご注意ください。
尚、このような場合でも当社にて可能な限りのデータ修正について
ハレーション除去をさせて頂いております。

mokei_3-300x284mokei_4-300x284